真観流剣法の武道の指導者

真観流剣法の創設者であり現在の指導者はラジカスキー真照です。ラジカスキー先生は、日本の刀の安全で適切な技術に基づいた剣術訓練を作成するというビジョンのもと、居合術、杖術、剣道、剣術の教育を拡張しました。古流剣術の芸術を学び、ラジカスキー先生は世界中の人々が学習を楽しめるように技術を拡大し、洗練しました。

ラジカスキー先生は、認定マッサージ&頭蓋仙骨療法士です。彼は1993年にヤン家太極拳で武術のキャリアを始めました。1999年から2003年まで彼は他の人にその芸術を教えていました。 2003年から、彼は剣道と居合道の研究を始めました。剣道を通じて、彼は日本の剣の戦いの芸術に強く興味を持ちました。 2010年に日本で始まり、彼は武芸の研究を続けました。 2010年から、神道無念流、夢想神伝流、および神道夢想流杖術を学びました。彼はまた水鷗流居合剣法の勉強にも時間を費やしました。神道無念流の剣術は彼の主な焦点でした。そして、古流剣術の技術を実践し、研究し、学んだ後、ラジカスキー先生は彼自身で真観流剣法を創始しました。彼は2016年から日本で真観流剣法のスタイルで剣のインストラクターをしています。

私たちはただ振り回して危害を加えるために武器を拾うだけではありません。 さらに学ぶべきことがあります。 優れた技術と真の誠実な心は、剣の研究と応用に不可欠です。

~ラジカスキー真照

ラジカスキー真照
ラジカスキー真照 錬心館 館長
20年以上の指導経験と26年の武道と仏教瞑想の経験により、ラジカスキー先生は学習に適したシステムを拡張し、より詳細な指導を導入することを決定しました。 彼の周りで実践し、教えている人々から欠けていると気づいた他のシステム内に存在しないものの両方を開発しました。 このスタイルの剣の訓練は、世界中の人々と日本の人々が利用できます。